造園には技術とセンスと対応力が必要です。

植木屋さんとか庭師さんと呼ばれる職人さんが、個人の住宅や公園などの植木の維持を行なう造園の仕事です。
植木の種類・大きさ・配置等には、長年培った経験が必要です。
植えた時の姿も大切ですし、年数がたったときにどのような景観を作り出すかと言う想像力も必要とされますから、技術と共にセンスも求められます。
造園の計画の際にも、設計図が作成されますけど、日当たり・風向きなどの条件を把握して、計画を立てることが必要ですし、工事を開始した後でも、想定した条件と違う事もありますから、臨機応変に対応する事も要求されます。
植木も生き物ですから、土の種類・日当たり等で成長の度合いも違いますし、肥料等の施肥によっても成長が違うものです。
施主の要望どおりに植木を植樹するだけでなく、専門家としてのアドバイスする能力が求められそうです。
植木の生長と共に、剪定や無駄な枝の伐採などにも技術が求められます。
同じような植木でも成長が違うのは、木々の個性ともいえますから、個別の対応が必要とそれます。